家にピアノを置いて時々たしなんでいる人があるとなんだかかっこよく感じます。

ただ、ピアノは弾いても弾かなくても時間の経過と共にどうしても音が狂っていきます。多くの場合は木材やクロスなどの天然材料でできているので、部屋の温度や湿度によって消耗してしまうからです。もしある程度使ったピアノを売りたいと思ったらピアノ買取業者に査定を依頼してもらうことをおすすめします。ピアノ査定をしてもらう時のポイントは、できるだけ多くの買取業者に査定を依頼することです。なぜなら業者によってかなり価格の差が生じるからです。それぞれの業者が得意とする販売ルートが異なり、基準が異なることが理由です。同じピアノモデルであっても顧客のニーズがあれば思いのほか高額で買い取ってくれることもあります。反対に製造年月日などによっては買い取りを拒否されてしまうこともあります。いくつかの業者のピアノ査定を比較して最も高く買い取ってくれるところに決定するとよいと思います。中古であってもそれなりの値段で買い取ってもらえることがあります。そして買い取りに来てもらう時には、できるだけピアノを掃除しておくとよいです。磨いておくだけでも大分印象が異なります。たとえば、表面のホコリはピアノ用の柔らかい布で払っておきます。市販の化学雑巾や洗剤は使わないほうがよいです。汚れが目立つ時には、石鹸水をしみこませて固くしぼった柔らかめの布で汚れを拭きとった後に乾いた布でふくとよいと思います。ただし、中古のピアノは本体だけだと買いとってもらえない可能性があります。ですから椅子などもきちんと残しておきましょう。ピアノの上にかけるカバーや鍵盤の上に乗せる布などもあったほうが査定の時に高額になりやすいです。中古の場合は特に付属品が大事です。今ならインターネットを使えば色々なピアノ査定業者が見つかりますので、とりあえずどんどん電話してみるとよいでしょう。
中古ピアノ査定額を上げるポイントについてもっと詳しく知りたい場合は
このHP
も参考になるかと思います。